ホーム > 神戸庭園の日本美(相楽園)

神戸庭園の日本美(相楽園)

元町駅から徒歩10分。県庁のビルがそびえる神戸の都心部に、思わぬ自然をたたえた名所があります。

神戸市立相楽園

庭園が完成したのは明治末期。当初は個人の邸宅に造られたものですが、昭和16年に神戸市が譲り受けて以降、一般公開されるようになりました。

広大な敷地に広がるのは、飛石や石橋で水を渡る「池泉回遊式」(ちせんかいゆうしき) の日本庭園。
平成18年には国の登録記念物 (名勝地)に登録されています。

五感で味わう日本美。深緑とせせらぎの庭園

「相楽園」の名前の由来は、中国の古書にある「和悦相楽」(わしてよろこびあいたのしむ)という語句。園内を巡ると都会の喧騒を忘れ、人里を離れたかのような、深山幽谷(しんざんゆうこく)の景色を味わえます。

園内西側に広がる「池泉回遊式庭園」の景色。土と緑の息吹き、水のせせらぎに心洗われる。


庭園の百景。花と木々が織りなす多彩な表情

相楽園はツツジの名所としても知られ、春には鮮やかな花が園内一円に咲き乱れます。また、群生する蘇鉄(ソテツ)や約200本もの松など、木々が織りなす景観は本当に見事です。
中でも、樹齢500年と言われる「大クスノキ」は圧巻。戦国時代、この近隣に築城された花隈城(はなくまじょう)の鬼門よけとして、荒木村重という武将が植えた木と伝わっています。

【左上】サツキツツジ (5月中旬~6月中旬の開花) 【右上】芝生広場から見た大クスノキ
【左下】樹齢約300年のソテツ【右下】中国原産の珍しい松、白松(ハクショウ)。白い樹皮と三つ葉が特徴

頭上には、木々が織りなす自然模様。振り返るたび、来た道とは違った景色が楽しめる。


敷地内では、欧風建築の「旧小寺家厩舎」、北野異人館街から移築された「旧ハッサム住宅」 、江戸時代の河川遊覧に使われた「船屋形」(いずれも重要文化財) などの歴史的建造物も見ることができます。 相楽園には、様々な要素を取り入れて調和を愛でる、日本文化の美しさが息づいているのかもしれません。

神戸市立相楽園 (こうべしりつ・そうらくえん)

住所 神戸市中央区中山手通5-3-1
TEL 078-351-5155
アクセス 神戸市営地下鉄西神・山手線 県庁前駅 徒歩5分
神戸高速鉄道東西線 花隈駅 徒歩15分
阪神本線 元町駅 徒歩10分 | JR神戸線 元町駅 徒歩10分
神戸市営バス7系統 諏訪山公園下 下車 徒歩10分
営業時間 9:00~17:00 (最終入園時間は16:30)
定休日 木(祝祭日開園、翌日休園)
12月29日~1月3日
料金 大人(15歳以上)¥300
小人(小学生・中学生)¥150

【団体割引】
15~99人 1割引
100~299人 2割引
300人以上 3割引

■神戸市立相楽園
URL:http://www.sorakuen.com

■FeelKOBE「神戸市立相楽園」紹介ページ
http://www.feel-kobe.jp/sightseeing/spot/?sid=78