【神戸メリケンパークオリエンタルホテル
海辺の開放感×上質ランチ】

港町神戸を最も感じられる場所。
大型客船も停泊するホテルでいただく、
シェフ特製のリゾートランチ。

HOTELLUNCH

写真

神戸といえば、港町。
大型客船が停泊するニュースを、見たことがある方も多いのでは。
三宮、元町エリアからあるいて15~20分ほど。
神戸ポートタワーもそびえるメリケンパークは、神戸で最も有名なスポットの一つです。

写真

そのメリケンパークの一番先まで進んでいくと現れるのが、
神戸メリケンパークオリエンタルホテル。
港の突堤に位置する場所にそびえるホテルは、
2階部分に客船ターミナルも併設しています。

写真

なんと取材日はちょうど、大型クルーズ船のノーティカ号が停泊中。
まさに港町を感じる景色でした。

写真

ホテルは中に入ると、とても開放的な雰囲気で、この時点からリゾート気分に。
ロビーは海やリゾートをイメージしたつくりで、豪華客船の中を歩いている気分になります。

写真

ロビーを通ってすぐ右手に今回お邪魔したレストラン「ピア」はあります。
絨毯の敷かれた落ち着いた店内。

写真

グランドピアノが置かれたラグジュアリーな空間。テンションが上がります。
毎週金・土・日のディナータイムには、ピアノの生演奏が楽しめます。

写真

大きな窓の店内は、とても明るくて開放的。
窓際の席は、日差しが心地よかったです。
この日は停泊中の大型客船が目の前に。
ナプキンも船の形にたたまれていました。

写真

ちなみに、船が停泊していないときはこんな景色
これまた神戸の代表的な観光スポットであるハーバーランドの景色が目の前に広がります。

写真

ステキな空間を堪能している間に、料理が運ばれてきました。
お願いしたのは、「地中海キュイジーヌランチ 宝石箱」。
オードブルからメイン、スープとパンにデザートまでついて2,800円(税抜き、サービス料別途)。

写真

今日は頑張った自分へのご褒美だから、シャンパンで乾杯(追加注文)。
ステキ空間でランチシャンパン、最高です!

写真

この日は特別に、シェフから料理の説明をいただきました。
一皿一皿、きれいに盛っていただいた料理はやっぱり特別な感じ。
それをこのお値段で堪能できるのは、ステキだなと感じました。

写真

左から、
・鯛のカルパッチョ
・パテ ド カンパーニュ
・ホタルイカのマリネ
・プティサラダ
・タケノコのラグー

写真

お料理は女子好みに彩り豊かに盛りつけられたメニューが、少しずつ、色んな味で楽しめます。

写真

メインはお魚。この日は旬の鰆でした。
ふんわり仕上がるように、蒸してから低温で焼き上げているとのこと。
ホントにふっくらしていて、とてもおいしかったです。

写真

そしてデザートは、春らしくピンク色のイチゴのマカロンに挟まれた桜のアイスクリーム!

写真

甘酸っぱいマカロンと、甘い桜のアイスクリームがベストマッチ♪

写真

こういったコース料理の最後に出されるような、シェフがその都度作ってくれるデザートは、“アシェットデザート”と呼ぶそうです。
ピアでは、このアシェットデザートだけでも注文することが可能。
他でランチをしてきた後に、シェフの特製デザートを堪能しにくるのもよいですね。

心地よい自然光のあかりと、海辺の開放感の中でいただく贅沢リゾートランチ。
非日常の優雅なひとときを、気軽に満喫できる時間でした。

写真

食事の後には、ホテル南側のプール・テラスにも案内いただきました。
レストランからの景色とはまた違って、広がる海。水平線!

写真

このプール「サンデッキ」のオープンテラスでは2015年5月まで、第2、4土曜日にヨガレッスンなども開催しているそう。
海風を感じながらのヨガ、ステキです。

写真

プールには、アロマテラピーサロンも併設。
施術を受けた後(もしくは前)、ピアでデザートを堪能できる、
アロマテラピー&スイーツプランも人気とのこと。
女子向けのプランが、盛りだくさんですね♪

開放感があって、高級感も兼ね備えたホテル
スタッフさんは皆さん笑顔で、丁寧ながらもとてもフレンドリーでした。

お問い合せの際には、「神戸会のご褒美旅サイトを見て」と一言伝えて、問い合わせてみてください。

お問い合わせ

神戸メリケンパークオリエンタルホテル「ラウンジ&ダイニング ピア」

TEL
078-325-8110(レストラン予約番号)※10:00~21:00まで

電話する

ACCESS
神戸市中央区波止場町5-6
URL
http://www.kobe-orientalhotel.co.jp/

地図アプリで見る