1995年1月17日、それは神戸にとって忘れることが出来ない日、そして忘れてはならない日。阪神・淡路大震災により、神戸はかつて無い大きな被害を受けると共に、改めて「命の尊さ」や「絆の大切さ」を思い知ることとなりました。今、日本の各地では、地震がいつ、どこで起きるかわからない危機に立たされています。そうした中で神戸では、震災の経験を役立てる様々な活動に取り組んでいます。