神戸クラシック散策
旧居留地とレトロな街並みを歩く

かつて外国人の暮らしていた面影を残す旧居留地と、レトロな街並みに個性的なショップの集まる栄町周辺。 ユニークなビルや建物を探索しつつ、神戸のショッピングを楽しんでください。

10:00

1. 旧居留地

旧居留地

明治時代、貿易を中心に神戸で活躍した外国人たちが暮らした地区。
整然と区切られた通りでは「東洋一美しい」と讃えられた旧居留地の面影を、今でも感じることができます。 観光スポットやブランドショップ、街並みを楽しめるオープンカフェなど、神戸の中でも、ひときわ開放的で美しい街並みを体感できるエリアです。 お気に入りのクラシックなビルを探してみるのもいいかも?

CHECK

旧居留地では、外国人が暮らしていた頃の番地名が今も使われています。
例えば「100番」の高砂ビル。映画のロケ地にもなった味わいのある建物です。

徒歩 約10分

11:00

2. 神戸市立博物館

神戸市立博物館

昭和10年に建築された「旧横浜正金銀行」の建物を増改築した博物館。
古代ギリシャ風の外観と銀行だった当時を思わせる吹き抜けのエントランスが印象的。 国際文化交流、東西文化の接触と変容を基本テーマに、国宝の桜ヶ丘出土銅鐸・銅戈群、考古・歴史資料、南蛮・紅毛美術資料、古地図資料など約7万点を収蔵しています。

神戸市立博物館

CHECK

正面口にあるブロンズ像は「考える人」で有名なオーギュスト・ロダンによるもの。
また1階の常設展示に旧居留地(明治期と昭和初期)の復元模型があります。昔の街並みをのぞいてみよう!

徒歩 約10分

13:00

3. 旧居留地クラシックビルめぐり&ランチ

旧居留地クラシックビルめぐり&ランチ

目抜き通りの仲町通りを外れると、落ち着いた雰囲気の古風なビルが並んでいます。
市立博物館の南側、十五番館の筋を西へ進むと、ヨーロッパの街角を思わせてくれます。 レトロな回転扉で有名な神港ビルヂングがあるのも、この辺りです。

旧居留地 グルメ

徒歩 約15分

16:30

4. 栄町でショッピング

栄町でショッピング

旧居留地とはひと味違うレトロな街並みが楽しめるエリア

かつては市電が走り、東洋のウォール街と呼ばれた金融の中心街でした。
栄町通〜海岸通一帯には個性的なカフェやショップがいっぱい。気になる路地やビルを見つけたら、ぜひ足を踏み入れてみましょう。 小さなビルの2階などに穴場のショップが隠れています。窓を見ながら歩くと、意外なお店が見つかるかも!?
また栄町通と海岸通の中間に位置する乙仲(おつなか)通は、ショップが集中する人気のスポットです。

栄町 ショッピング

CHECK

乙仲(おつなか)通の名前は、かつて海運関連業者などが軒を連ねて、昭和14年「乙種海運仲立業」に規定されたことに由来します。 長年親しまれてきた乙仲通の名は、2008年に正式な道路の愛称として神戸市に認定されてます。