ホーム > 定番モデルコース > 有馬歴史探索コース

有馬歴史探索コース

珍しい金泉・銀泉の名湯有馬で歴史探索

日本最古の名湯・有馬温泉の起源は、神話の時代までさかのぼります。 「日本書記」には舒明天皇、孝徳天皇も訪れたとされ、奈良時代には僧行基が温泉寺を建立。 鎌倉時代には仁西が訪れ、薬師如来を守る十二神にちなみ、十二の宿坊を建てました。 さらに豊臣秀吉もこの地をたいそう気に入り、度々訪れています。

太閣の湯殿館には、秀吉ゆかりの湯舟の遺構や出土品などが展示され、有馬の歴史と文化が紹介されています。 また、四季折々の自然をたずねるのも、有馬散策の楽しみ。 瑞宝寺公園や鼓ヶ滝公園は、秋の紅葉をはじめ、訪れるたびに美しい表情を見せてくれます。

有馬歴史探索コース

▼徒歩 ▼バス・タクシーなど ▼電車など
1
三宮
▼30分
2
有馬温泉
3
湯けむり広場
4
天神泉源
5
鼓ヶ滝公園
6
炭酸泉源
7
鳥地獄・虫地獄
8
湯泉神社
9
温泉寺(御祖師庵
10
太閤の湯殿館
有馬の工房
11
金の湯
銀の湯
12
瑞宝寺公園

有馬・西神・北神